NPO法人 CaPSAY

 

NPO法人 CaPSAYとは

 

 CaPSAYは、若者・学生が自分らしく生きるのを応援する、NPO法人です。

若者が、自分の興味・関心、能力・適性、価値観や職業観を実現し、自分らしく個性が光って、生きて働くめに、若者とともに行動し学ぶ。そんな彼や彼女らを応援するのが、CaPSAYのミッションです。

 

 

The CaPSAY Identity ー NPO法人 CaPSAYは以下の理念により活動しています ー

 

 

 特定非営利活動法人 CaPSAY は、若者が主体的・自立的に自分のキャリアをデザインし、 その実現に向けて、若者一人ひとりが自らのキャリアを形成することを支援します。

 

 未来の社会を創造し、未来の社会を担うのは若者です。若者の学びと成長を実践している 社会は、どの国・地方・地域・学園においても、活気が溢れています。ところが、今日のわが国における若者を巡る状況は、大変厳しいのが現実です。 『就職氷河期』と言われる時期には、多くの若者が就職できず、ニート、フリーターと呼 ばれました。この状況は今日にも引続いています。

 最近では非正規雇用が40%近くまで増加し、中でも女性と若者に矛盾が集中し、非正規率 は女性は70%、若者は40%を大きく超えています。また、『正社員と言えば替わりはいくら でもいる』とうそぶいて、若者を心身ともに破壊し使い潰すことを生業とするブラック企業 が横行しています。このことは新しい社会問題であるにもかかわらず、他方若者の自己責任 が喧伝され、酷い若者バッシングが大々的に繰りひろげられています。こういった今日の社 会状況を直視すると、活気有る未来社会の実現は、甚だ心もとないことです。

 このように若者の主体性・自立性を妨げる社会状況が多く見られる中で、特定非営利活動 法人CaPSAYは、新しい社会問題や社会状況を直視し、その解決に向けてのさきがけとして尽 力することをミッションとします。そしてその実現のために、以下のような活動を行います。

 キャリア形成支援プログラムとして、徹底的に若者の視点に立ったいわゆる『キャリア教 育』を実施します。

 若者のキャリア形成過程におけるセイフティネットあるいはジャンピングボードとしての キャリアカウンセリングやキャリアコンサルティングを実施します。

 グローバル社会に対応するマインドを養成するためのグループワークや、企業と連携して 若者とのマッチング支援や定着支援を実施します。

 若者のキャリア形成支援に関する研究と社会へのフィードバックなど、CaPSAYのミッショ ンに沿った多様な活動を行います。

 

 『主体的』とは、若者が自分自身の興味・関心、能力・適性、価値感・生きがい・働きが いを発見し自覚することを意味します。 『自立的』とは、自分自身の力で自らのキャリアを形成していくことを意味します。

 

 特定非営利活動法人CaPSAYは、若者一人ひとりが元気に活き活きと、社会で躍動すること を心から望みます。特定非営利活動法人CaPSAYは若者にとって、とりわけ少し佇んでいる若 者にとって、なくてはならない集団でありたいと思っています。

 

   CaPSAY(キャプセイ)は、Career Planning Support Association for Youth を表します。

 

2014年3月4日 特定非営利活動法人CaPSAY 設立の日